広島名物

広島名物

お好み焼き

広島のお好み焼きは、たっぷりのキャベツや焼きそば、卵、豚肉などを層状に焼き上げるのが特徴です。
しかし、広島県の中でもそれぞれの土地柄を活かしたさらに個性的なご当地焼きもあるんですよ。
ぜひ食べ比べてみてください。

◆呉焼き: 焼きそばではなく細うどんを入れるのが一般的。薄い生地で具を包んで、半月型に焼き上げます
◆尾道焼き: 尾道名物のいか天や砂ずりが入ったコリコリの歯ごたえが特徴
◆府中焼き: 豚肉の代わりにミンチが入って、外側はカリッと中はふわっと焼き上げます
◆庄原焼き: 麺ではなく庄原名産のお米が入った一風変わったお好み焼き。ソースではなくポン酢を付けます
◆三次唐麺焼き: 唐辛子を練り込んだ麺と、特製辛口ソースを使ったピリ辛なお好み焼き
◆せらの恵み焼き: 世羅町特産の野菜やトマトがたっぷり入っています
◆たけはら焼き: 竹原市の名産の酒粕や日本酒が生地に練り込まれた、まろやかな味わい


鉄板焼き

鉄板で焼くのはお好み焼きだけじゃない!
テレビで話題となったウニホーレンやウニクレソン、そして牡蠣など、豪快かつ繊細に焼き上げます。

➡お好み焼き・鉄板焼きのお店はこちら


広島レモン

瀬戸内の太陽をたっぷり浴びで育ったレモンや八朔などの柑橘類は
広島の名物として、料理やスイーツに使用するお店が増えてきています。